浜松東青色申告会

こんにちは。一般社団法人浜松東青色申告会です。
『青色申告会』をご存知ですか?
青色申告会は、個人事業者を構成員とする団体で、国税当局の認可を受けている公益法人です。
会員さんのお役に立つことを第一の目的として、様々な疑問やご相談に精一杯お答えしており、会員の皆様から大きな信頼を得ている納税者の団体です。
正しい申告・納税を進め、公平・公正な税制の創設や社会保障制度の改善を要望し、税制史上に残る成果をあげてきました。今では全国の会員数が100万人を超えています。

一般社団法人浜松東青色申告会は、浜松東税務署管内の個人事業主を中心に 多くの納税者により組織されています。
会の運営は、会員の中から選ばれた役員を中心に自主的・民主的に行われており、平成15年6月には、名古屋国税局から公益法人として認可され、地域に根ざした活動を目指し 会員の皆様のお役に立つよう、様々な事業活動を展開しています。

税の指導会やセミナーなどをはじめ、ネットワーク作りや印刷物、ITに関することまで、幅広くご相談に応じます。

青色申告とは

  • 青色申告とは、毎日の取引を帳簿に記録し、その記録にもとづいて自分の所得金額や税額を計算し、申告して納税する制度です。
  • 青色申告にすると税法上数多くの特典が認められ税金が節税でき(安くなり)ます。
    納税者にとって安心できる制度です。
  • 青色申告にすると税務署は、帳簿書類などを実際に調べて誤りを具体的に示さなければ更正決定をすることができません。
    ※更正とは、税務署が納税者から提出された決算書や確定申告書を検討し、記載内容に誤りがある場合に、所得金額や税額を是正する手続きのこと

青色申告ができる人

青色申告は、事業所得(農業)、不動産所得または山林所得を生ずる業務を行っている人が対象となります。

事業所得 商店、工場、建設業、加工業、医師、農業などの事業から生ずる所得
不動産所得 地代、家賃などの所得
山林所得 5年を超えて所有している山林の伐採や譲渡による所得

青色申告の手続き

青色申告をするためには「青色申告承認申請書」を納税地の税務署に提出します。
※この「青色申告承認申請書」が下記の期限内に提出されない限り青色申告はできませんので、ご注意ください。

これまで白色申告をしていた人 青色申告を始める年の3月15日まで
これから事業を始める人 1月15日以前に開業の場合 3月15日まで
1月16日以前に開業の場合 開業後2ヶ月以内

青色申告の特典

青色申告にすると白色申告に無い税法上数々の特典が受けられ、白色申告に比べて税金が節税(安く)できます。特典は現在50項目以上ありますが、その中で主なものは次のとおりです。

青色申告特別控除制度

青色申告特別控除は、65万円もしくは10万円の適用があり、条件により適用できる控除額が決まります。(※控除額は所得の範囲内となります)

65万円の控除を受けられる人

①事業所得者(農業所得者を含む)  または、
②事業的規模(5棟10室以上)の不動産貸付を行っている不動産所得者

「正規の簿記の原則」により帳簿記帳を行い、決算書に『貸借対照表』『損益計算書』を添付し、確定申告期限(3月15日)内に申告書を提出する人

10万円の控除を受けられる人 上記以外の方

青色事業専従者給与の経費参入

青色申告の事業者と生計を一つにする親族(15歳未満の者を除く)でもっぱらその事業に従事する人への適正な給与は、支給した全額が必要経費にすることができます。
※白色申告の場合は、事業専従者控除として最高50万円(配偶者専従者は86万円)が控除されます。

青色事業専従者に該当する親族に給与を支給しようとする場合は、「青色事業専従者給与の届出書」を税務署に提出しなければなりません。
また届け出た金額以上の支給はできないので注意してください。
金額を変更しようとする時は、必ず「変更届出書」の提出が必須です。

貸倒引当金などの設定

事業から生じた売掛金や貸付金などの貸金の貸倒れによる損失の見込額を一定の方法により貸倒引当金として繰り入れ、必要経費にすることができます。
その他にも各種の引当金勘定を設け、必要経費にすることができます。
詳しい内容は、税務署にお尋ねください。

その他の主な特典

  • 更正の制限
  • 更正理由の付記
  • 中小企業者の機械等の特別償却
  • たな卸資産の低価法による評価の選択など

青色申告と白色申告の納税の比較

(例)所得金額 450万円 (青色特典控除前)

  • もっぱら事業に従事している妻に、毎月14万円の給与と年間2ヶ月分のボーナスを支給
    ※白色の場合 専従者控除86万円
  • 社会保険料支払額(国保・年金) 500,000円
    ※青色申告特別控除は65万円として計算
青色申告にして複式簿記による記帳をすると、白色申告より約34万円節税できる例の図
  • 注1.上記の税金の計算は、平成23年4月1日現在の税法により計算
  • 注2.妻に支払った給与に係る税金は、含まれない
ページの先頭へ